てんかんは新生児から高齢者まで、それぞれの年代によって発症率が異なります。てんかん自体100人に1人の割合で発症する病気であり、特別珍しい病気ではないため万人の方に注意が必要です。

てんかんの発症率まとめの2015年6月記事一覧

  • てんかんと合併症

    てんかんの場合には基本的には身体面に対する合併症はないと言われています。 しかし、呼吸が停止するほどのてんかん発作を何度も繰り返してしまう場合には、脳に十分な酸素を供給する事ができずに脳障害を引き起こしてしまう可能性があ…続きを読む

  • てんかんが起こる仕組み

    てんかん発作が起こる仕組みは、脳の神経の「興奮」と「抑制」のバランスが崩れることが原因になります。自動車に例えれば、興奮の神経はアクセル、抑制の神経はブレーキにあたります。 てんかん発作が起こるのは、興奮系の神経が過剰に…続きを読む