てんかんの発症率まとめ

てんかんは新生児から高齢者まで、それぞれの年代によって発症率が異なります。てんかん自体100人に1人の割合で発症する病気であり、特別珍しい病気ではないため万人の方に注意が必要です。

てんかんの年代別発症率

てんかんとは、脳の慢性疾患で、脳の神経細胞に突然電気的な興奮が発生し、発作を繰り返す病気です。
それを「てんかん発作」といいます。
てんかん発作は、過剰な電気的興奮が起こった部位や興奮の広がり方によって部分発作と全般発作に分類されます。
また、てんかん発作の症状、発作型、発作の対称性、意識障害の有無によって細かく分類されます。
けいれんと呼ばれる手足をガクガクと一定リズムで曲げ伸ばしする間代発作や、手足を突っ張り体を硬直させる強直発作、非常に短時間の意識消失が突然起こる欠伸発作、全身や手足が一瞬ビクッとするミオクロニー発作など、症状は多彩です。
症状を正しく分類することにより、適切な治療を受けることができます。
てんかんは年齢別に発症率が違うのでしょうか。
てんかんは、人口1000人のうち5~10人にみられます。
てんかん発作を発症する年齢は3歳以下が最も多く、成人になると発病者は減ります。
しかし60歳を超えると、脳血管障害などを原因とするてんかんの発病が増加します。
小児てんかんの発症者の一部は成人になる前に治ることがありますが、乳幼児期なら老年期まで幅広くみられる病気です。
てんかん発作患者は、発作を予防するためにテグレトールという薬を使用します。
テグレトールは興奮性シグナルの働きを抑えてくれ、それにより発作を予防することができます。
特に小児に用いられることが多い薬です。
また、てんかんとうつ病は深い関わりをもっています。
てんかんは、神経細胞の電気的興奮が異常興奮を起こすことで発作が起こります。
うつ病も、脳内伝達物質に敏感になって発症する病気なので似ています。
てんかんとうつ病を併発している人も多いです。
テグレトールは、うつ病患者にも使用されるようになってきた薬です。

▼てんかん治療薬はネット通販で買えます
カルバトールCRを常備していざという時の為に
てんかん発作の治療薬
テグレトールの正しい飲み方